日常生活の改善

2014/01/15

認知症とはどういった病気でどう改善していけばいいのでしょうか。

病気が発症したら

認知症が一度発症してしまうと改善することなく、どんどん進行する病気だという認識がありましたが、近年では、次々に改善する方法が見つかっています。 まず日常生活でどんなことに気をつけていけば良いのかは、ご家族がしっかりと向き合っていくことが1番です。

症状が現れた場合にイライラしてしまったりするのではなく、一つの病気として捉え、大きな心構えで患者さんと接していくことが大切になります。

また、認知症を改善するための薬なども見つかっているので、こうしたものを使いながら日常生活の中で少しでも進行を食い止めるような努力が必要になります。 特に変わりばえがなく、刺激の少ない生活をしていると認知症の進行が早くなってしまいますから、日常生活の中に効果的な刺激を取り入れていくと良いですね。

ケアセンターなどでの改善

自宅療養だけでは難しい場合ケアセンターなどでの改善も取り入れていくと良いです。

症状の度合いによってケアセンターでの扱いが変わってくると言われていますが、薬を服用する際などにはケアセンターとしっかり相談し、管理もお願いしておくようにしましょう。

自宅で過ごすよりケアセンターなどで過ごしている方が進行速度が遅くなる患者さんもたくさんいるといわれています。

多くの人と話をしたり楽しいレクリエーションを行うことによって、脳が刺激され、認知症の改善が見られる場合があるので、ケアセンターを利用することに抵抗を感じず、出来る状況であれば利用している事が進められています。

認知症の改善・予防の研究をされている兵庫医大のサイトをご紹介します。
認知症研究・認知機能改善薬の開発を行っております兵庫医科大学 西崎研究室の公式サイト